身のまわりにはいつも何かが

身のまわりにあることを書いていきます。これから色々な分野に挑戦していきます。

センター試験の地理B

大学入試センター試験が実施されたようである。いつも思うがこのような季節にやる必

要が本当にあるのだろうか。私は思うがこの時期でなければならない理由はなく、ただ

最初にこの時期に実施したのでその慣習として今も行われていると推測する。実際変更

する側の人々は抵抗するだろう。なぜならば面倒だからである。しかし誰のための試験

なのかを想像する力があれば答えは決まっているのではないか。

 

地理Bの出題が世間をにぎわしているようだ。ざっとネットニュースを見てみるとムー

ミン」の出題が問題になっているようである。「ムーミン」と「小さなバイキングビッ

ケ」というアニメの舞台はどこの国であるかを図にある情報をもとに問われる問題であ

る。私は「ムーミン」は知ってはいるが「小さなバイキングビッケ」というアニメにつ

いては記憶があいまいである。そしてそれぞれの舞台がどの国なのかも分からない。こ

の問題の一つの解法として、バイキングはノルウェーの文化だということを知っていれ

ば解けるとあった。受験生にとってはバイキングはノルウェーということは常識なので

あろうか。

 

世の中において想定外の事象は常に存在する。そして理不尽なことは多い。そのような

意味でこのような問題は興味深い。しかしこのような前例があまりない新しい問題は定

着するまでは合否に大きな影響を及ぼさない段階的な配点、措置が必要なのではないか

と考えた。

チューリップ芽吹く

一番目のヒヤシンスの球根を購入した際に同時にチューリップの球根も購入した。それ

プランターに植えて大体2か月経った。土が乾いたら水をやるといった程度の世話の

みで毎日観察をするといった行為はしなかった。なぜなら芽吹くまでに時間がかかると

思っていたからだ。実際、プランターを見ても何の変化もなく「土」しか見えない。

 

f:id:scop0530:20180117094242j:plain

f:id:scop0530:20180117094248j:plain

f:id:scop0530:20180117094255j:plain

しかし昨日気がついた。芽が出ていたのである。よく見ないと見逃してしまいそうなサ

イズであるが何かいつもと違うと感じ観察してみたのだ。植えたはいいが本当に目が出

るのか、土中で腐ってしまっているのではないか等、その成長過程が目に見えないため

良くない想像はつきなかった。しかしその想像は杞憂であった。そしてその生命力に驚

いている。まだ芽が出てきただけに過ぎない。これからもうまく成長するかどうかは分

からないが、私の目に映るその小さな芽は特別なことである。感謝。

ながらみ

f:id:scop0530:20180115091222j:plain

ながらみとは貝である。先日、スーパーで見かけたので購入した。一年に一回くらいし

か見かけない私にとってはとても珍しい貝である。貝と言えばよく見かけるのがあさ

り、しじみ、はまぐり等である。そして牡蠣も鍋のシーズンにはよく見かける。

 

ながらみは直径2、3センチの貝である。形は若干異なるが小さなサザエみたいだなと

私は思っている。この貝は砂抜きが必要のようである。あさり同様、若干の塩を溶かし

た塩水に小一時間程度浸し暗所に置くと砂や汚れを吐く。その後、貝本体をよく洗い塩

ゆでにした。長くゆでると硬くなるとのネット情報があったがどの程度ゆでるのが適切

かは不明なので5分程度沸騰した状態でゆでた。これが適切かどうかは分からないが

今のところ体調不良もないし、おいしく頂けた。心配な人はさらにゆでる時間を長くし

てみることもいいのではないか。

 

食べ方はつまようじを身にさして身を回転させて上手に取り出す。サザエよりは簡単だ

と思う。塩ゆでしてあるので先ずはそのまま食べることをおすすめする。貝のうま味が

口中に広がる。身の部分はプリプリと心地よい歯ごたえでわたの部分は大人の味であ

る。小さいので次から次へと食べてしまう。醤油を少したらしてもうまい。気が付くと

あっという間に無くなっていた。これはおすすめの一品である。

広告を非表示にする

ヒヤシンス その14

本日は水を交換する作業を実施した。大体一週間程度に一回交換すると良いとのネット

情報である。見た目は汚れている感じはしない。あまり人の手でこねくりまわしてもよ

くないとは思いつつ世話をしているという実感が欲しくて交換に踏み切った。ヒヤシン

スのためであって欲しいが今のところ私の利己的な判断である。私はヒヤシンス初心者

なのである程度の規則に則った行動が求められる。今後、今回の経験を活かしその内容

を改善していければ良いと思う。例えば、水交換の間隔である。見た目汚れていないの

であれば汚れを目印に交換時期を決める等である。ただこの方法は、人間の目には見え

ない雑菌等が繁殖しているという場合は適していない。水を交換せずに生育する実験

を何回かしてみないと結果は分からない。それを実践するには来年以降である。それも

来年以降の楽しみである。

 

f:id:scop0530:20180115083733j:plain

f:id:scop0530:20180115083740j:plain

一個目のヒヤシンスはかなり花芽が目立ってきた。その高さは3センチ程度。

 f:id:scop0530:20180115083911j:plain

f:id:scop0530:20180115083905j:plain

根は最長のもので10センチに至った。中にはとても太く力強い根もある。

 

f:id:scop0530:20180115084051j:plain

f:id:scop0530:20180115084142j:plain

f:id:scop0530:20180115084148j:plain

f:id:scop0530:20180115084132j:plain
二個目のヒヤシンス。頭はまだまだ途上であるが根はなかなか立派である。
最長のもので6センチに至った。

紅白梅

f:id:scop0530:20180112102149j:plain

f:id:scop0530:20180112102154j:plain

f:id:scop0530:20180112102159j:plain

昨年末に紅白梅の鉢をホームセンターで購入した。1500円くらいで手ごろな価格も購買

意欲を刺激した。こう寒いと家庭菜園できる種類も限られてくるが探せば結構あるもの

である。ホームセンターの植物コーナーにはたくさんの植物が置かれていた。一つの鉢

に紅白の梅が咲くなんてとても贅沢である。恐らく接ぎ木をしているのではと想像す

る。梅の時期は二月に入ってからだろうか。

 

ヒヤシンスも楽しみであるがこの梅も楽しみである。

広告を非表示にする

ビールの定義

今はほとんど飲まないが以前私はビールが大好きであった。本当によく飲んだものであ

る。厳密に言うと愛飲する種類の比率は第三のビール発泡酒、ビールの順である。値

段の安い順である。私はとにかく毎日、けっこうな量を飲んでいたため値段が最重要な

のである。私が富裕層で資産家であれば値段を気にせずビールだけを飲んだかもしれな

い。

 

第三のビールの存在は庶民にとってはとても助かるお酒である。値段が安いのでつい大

量に飲酒してしまうことは確かに問題である。お菓子や外食においても同様なことが言

えるのではないか。

 

2018年1月12日の朝日新聞朝刊の記事によると、酒税法改正によりビールの定義が拡大

されるという。ざっくり述べるとビールの定義が変更されたことにより、今までビール

として販売するためには使用できなかった原材料の使用が可能になった。それにより、

様々な風味味付けのビール製造が可能となるようだ。また現行においては発泡酒に分類

されるものがビールになるケースもあるという。これをきっかけにビール会社は伸び悩

む市場を盛り返したいようだ。

 

「ビールとは何であるか」という素朴な疑問が浮かぶ。なぜなら現在発泡酒である飲料

が中身は変わらないがビールという飲料になってしまうからだ。不思議であると思う一

方、法律はルールであるので内容が変更されれば定義も変更されることも理解できる。

消費者はそこまで考えないで好きなものを買って気持ちよく酔うことができればいいの

かも知れない。

 

まとまりのない文章で恐縮であるが、この改正が最終的に消費者にメリットとなる法律

であることを願う。 

 

広告を非表示にする

シャンシャン続報

上野動物園のパンダの赤ちゃん、シャンシャンを観覧することがどうやら2月からでき

そうである。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

2017年1月12日の朝日新聞朝刊にシャンシャンの記事があった。それによると、これま

ではパンダ親子のストレスを考慮し抽選方式で観覧者を決定していたが、現状問題が無

いようなので2月からより多くの人が観覧できるように先着方式にするという。

 -----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

私も以前抽選に応募し当選しなかった者である。この展開は予想はできた。少し待てば

ずれはゆっくり観覧することができるということだ。しかし、やはり時期とそこまでに

至るエピソードは大切である。抽選に当たった喜びとシャンシャンに会える喜びがセッ

トになるとなかなか良い思い出になるのではないか。まあ抽選に漏れたこともエピソー

ドとしては十分ありと思う。近日中に是非行きたいものだ。

広告を非表示にする