身のまわりにはいつも何かが

身のまわりにあることを書いていきます。これから色々な分野に挑戦していきます。

上り調子

ここ最近のバレンティンの活躍はすごい。ここ17戦でホームラン12本という驚

異的な数字だ。現在24本塁打でホームラン王の可能性が出てきた。来日7年目

の33歳。助っ人外人としてはとても長い活躍で頼もしい。

 

私がプロ野球選手について常々疑問に思っていることがある。それは、「調

子」である。人間である以上、好調不調はある。それは理解している。しかし

プロ野球を見ているとシーズン最初は調子が良いが夏場になると全く不振とな

るケースがある。その逆もあり、夏場から突然打ち出し止らない打者もいる。

プロ野球選手と言えば全国の超一流選手を集めた人達である。実力があっても

封じ込められる場合もあるだろう。しかしあれだけ打っていた選手がピタリと

打たなくなるのは本当に不思議である。身体的、精神的と様々な要素があるの

だろう。何の歯車が狂って力を発揮できないのか。選手にだってわからないこ

とも多いのだろう。とても興味深い。

 

私のような素人には理解できないがスポーツというものはそういうものなのだ

ろう。バレンティンにはこのままいって欲しいと同時に山田哲人選手にも更に

調子を上げていってほしい。

広告を非表示にする