身のまわりにはいつも何かが

身のまわりにあることを書いていきます。これから色々な分野に挑戦していきます。

「もう一つの祖国 戦後70年 祖父はベトナムに残った(朝日新聞過去記事から)」 その10

朝日新聞縮刷版 2015年7月26日の記事を読んだ感想である。 旧日本兵の孫の友人である残留日本兵の3世のアインダオさんの話である。現在、千葉 県在住だ。アインダオとはベトナム語で桜という意味である。彼女の祖父はベトナムか ら帰国後に日本で再婚をした…

「もう一つの祖国 戦後70年 祖父はベトナムに残った(朝日新聞過去記事から)」 その9

朝日新聞縮刷版 2015年7月25日の記事を読んだ感想である。 旧日本兵の孫は日本人眼科医でボランティアの服部匡志医師を紹介され活動を共にする ことになった。服部医師の通訳、現地での様々な手配を担った。やがてベトナムのメデ ィアにも注目され医師は「ベ…

「もう一つの祖国 戦後70年 祖父はベトナムに残った(朝日新聞過去記事から)」 その8

朝日新聞縮刷版 2015年7月24日の記事を読んだ感想である。 旧日本兵とその息子と孫は福岡の旧日本兵の自宅を訪れた。息子は祖母の世話 をするためにベトナムへ残ったので、息子の兄弟姉妹とは生き別れ状態であっ た。そして35年ぶりに再開を果たす。しかし幼…

「もう一つの祖国 戦後70年 祖父はベトナムに残った(朝日新聞過去記事から)」 その7

朝日新聞縮刷版 2015年7月23日の記事を読んだ感想である。 旧日本兵の孫に対しても2世と同様に差別を受けたという。就職差別を受けた日系人 は多い。ベトナム人の日本への悪い感情は2つあるという。一つは太平洋戦争時、日本 軍が進駐した際ベトナム人に多…

「もう一つの祖国 戦後70年 祖父はベトナムに残った(朝日新聞過去記事から)」 その6

朝日新聞縮刷版 2015年7月22日の記事を読んだ感想である。 ベトナム戦争が終結し、ついに旧日本兵とベトナムに残ったその息子に20年ぶりの再会 が実現した。旧日本兵は日本で生活をしながらも息子のことを心配し仕送りや手紙を送 っていたという。20年の空白…

「もう一つの祖国 戦後70年 祖父はベトナムに残った(朝日新聞過去記事から)」 その5

朝日新聞縮刷版 2015年7月21日の記事を読んだ感想である。 旧日本兵の2世は学校で「ファシスト日本」や「混血」と差別を受けたという。ファシ スト日本とはかなり過激である。ここにも悲劇がある。2世にとっていわれのない差別 だがそれを引き起こしている…

「もう一つの祖国 戦後70年 祖父はベトナムに残った(朝日新聞過去記事から)」 その4

朝日新聞縮刷版 2015年7月20日の記事を読んだ。とても悲しいあるベトナム人女性の 話があった。 ある日本軍旧兵士と離れ離れになったベトナム人妻、現在90歳を超える年齢だがいまだ に夫の帰りを待っているという。そして日本軍旧兵士は帰国して日本で新たな…

「もう一つの祖国 戦後70年 祖父はベトナムに残った(朝日新聞過去記事から)」 その3

朝日新聞縮刷版 2015年7月19日の記事を読んだ感想である。 旧日本兵は現地にとけ込む決断をしてベトナム人と家族を築いた。戦争の影響で帰国を せまられたが家族と離れ離れになることを拒み現地に残ったという記事だった。 このような状況はとてもつらかった…

「もう一つの祖国 戦後70年 祖父はベトナムに残った(朝日新聞過去記事から)」 その2

朝日新聞縮刷版 2015年7月18日の記事を読んだ感想である。 旧日本兵の人はベトナムのフランスからの独立運動に参加をしたという。このような 外国人は日本だけではなく様々な国の人がいたようだ。彼らは「新ベトナム人」と呼ば れていたらしい。ベトナムにと…

「もう一つの祖国 戦後70年 祖父はベトナムに残った(朝日新聞過去記事から)」 その1

太平洋戦争は様々な影響を世界の人々に与えた。その影響の一つを紹介する。 2015年7月17日の朝日新聞から始まった連載記事にあった「もう一つの祖国 戦後70年 祖父はベトナムに残った」という記事だ。当時、色々な人が色々 なところでそれぞれの人生を送った…

外国語学習

私は外国語学習が好きだ。今まで英語、中国語、韓国語、ベトナム語という遍 歴である。どれも割りと真剣に勉強した。しかしモノになったのは私の自己評 価で恐らくベトナム語だけである。ベトナム語とベトナムについては縁があ り、いずれたっぷり述べたい。…

疑問

2017年8月10日の東京新聞朝刊社説にこんな記事があった。 「子宮移植」 ざっと内容をまとめると、先天的、後天的な理由により子宮が無い、失った人 のために子宮を移植する話である。生まれつき子宮が無い症状を「ロキタンス キー症候群」という。子宮提供者…

【本紹介】 読書は1冊のノートにまとめなさい[完全版]

以前読んだ、読書についての本を紹介する。 ●読書は1冊のノートにまとめなさい[完全版] 奥野宣之 ダイヤモンド社 読んだ本をノートにまとめる方法を指南した本だ。色々なテクニックが載って いる。例えば、難しい問題やテーマに対し「からめ手から攻める」と…

怠け者

最近はあまり読書をしていない。怠けている。 本の読み方は自由だと思うが私はできれば最後まで読みきりたい。そしてちょっとした 時間も読書にあてる隙間時間読みも好きだ。以前は本を読むための時間を用意してじっ くり読まないとだめだと思っていた。しか…

上り調子

ここ最近のバレンティンの活躍はすごい。ここ17戦でホームラン12本という驚 異的な数字だ。現在24本塁打でホームラン王の可能性が出てきた。来日7年目 の33歳。助っ人外人としてはとても長い活躍で頼もしい。 私がプロ野球選手について常々疑問に思っている…

γオリザノール(がんまオリザノール)

2017年8月01日の産経新聞朝刊に玄米に関する記事が載っていた。 「玄米で"足るを知る脳"へ」という見出しである。 記事によると、食べ過ぎてしまう行動は脂肪を多く摂取してしまう一種の依存症なのだ という。玄米のある成分にこの依存症を改善する効果があ…

玄米

私は玄米を精米に混ぜて炊き毎日食べている。この食習慣を始めてかれこれ 三年になる。以前から玄米の栄養価の高さは聞いてはいたがそれまでの私の 食習慣に玄米は無かった。また精米よりも食べにくいのではと思い込んでい た。 玄米を食生活に導入したきっ…

熟したゴーヤ

ついにゴーヤが熟した。このような色になる。なんというのが正確だろうか。黄色をベ ースにオレンジも少し入っている。感触はぶよぶよと柔らかい。熟す前の青いゴーヤは とげが痛いくらい硬い。 輪切りにすると中には真っ赤な果肉で覆われた種が現れる。これ…

深海2017

「深海2017」という展示会を見に行ってきた。場所は上野の国立科学博物館 だ。夏休みのため子供が多かった。入り口には原寸大と思われる巨大なシロナ ガスクジラのオブジェが有り、道行く人をギョッとさせる。色々と面白そうな 展示がある。深海の生物の紹介…

不忍池、再び

以前、上野の不忍池に蓮を見に行った話を書いた。再び不忍池に行ってみたら なんととんでもないことになっていた。前回とは比べ物にならない量の蓮の花 が咲いているではないか。正確に言うと、今回は午後になっていたのでずいぶ ん花は閉じてしまっていてツ…

読書感想文を書きたい その2

2017年7月30日の東京新聞のまなぶぅのトントン拍子! 「読書感想文の書き方」を ざっとまとめると、 ①本を選ぶ ・自分の体験とつながりやすい本を選ぶ ・例えばペットがいる人は動物の本、今の自分と結び付けやすい内容がよい。そして 選んだ理由を付せんに…

読書感想文を書きたい その1

読書感想文と聞くとどんなイメージが浮かぶだろうか。この時期だと小学生の夏休みの 宿題で大変だったという記憶がよみがえる人もいるのではないか。確かに夏休みの読書 感想文は私も苦労した記憶がある。小学生の読書感想文は本を読んだ後にどのように思 っ…

ゴーヤチャンプル その2

2017年7月31日の読売新聞朝刊、「きょうのひと皿」という記事があった。 「ゴーヤチャンプル」のレシピである。 材料で重要だと思うのは豚のバラ肉である。個人的に豚バラ以外では考えら れない。狭量だと思われてもいい、譲れない。そして、このレシピにケ…

ゴーヤチャンプル その1

2017年7月31日の読売新聞朝刊、「きょうのひと皿」という記事にゴーヤチャンプルー のレシピが載っていた。私もゴーヤチャンプルーが大好きである。私はゴーヤチャンプ ルーではなくゴーヤチャンプルと呼んでいる。最後を伸ばすか伸ばさないかどちらが 正し…

不調

このところまた腰痛が始まった。痛くて何もできないというわけではないが、 油断すると酷いのが来そうで精神的にストレスとなっている。仕事上、座って いることが多く普段から運動不足だ。座っているとつらいが常に立っている事も 難しい。それがまたストレ…

特別なこと

私はがんという病はとても特別な病であるように感じる。がんと聞いてそのネガティブ な印象は強い。それはがんについての情報の乏しさも原因の一つではないだろうか。 私の得意の戯言になるが、私の持っている知識では自分自身の遺伝子、細胞が正常に 増殖、…

投稿記事

新聞の面白いところはたくさんある。その中でも私が好きなのは投稿記事で ある。色々な 人が様々な立場、視点でものを言うのはとても刺激的である。 それについてくだを巻くことが大好きだ。もちろん全ての投稿者の記事が掲載 されるわけではなく、新聞社の…

ゴーヤの変化

ゴーヤが変化した。写真のように黄色くなり始めている。以前にも述べたが 青々とした熟す前の幼果を食べる人が多数派なのではないかと私は思ってい る。しかし黄色くなり熟したゴーヤも食べることも可能だろうとは思う。多く の他の植物同様、変色し動物に発…

ふるさと納税

納めたことはないがふるさと納税には以前から興味があった。インターネット で少し調べてみると、納税者(利用者の方が的確か?)はネット通販を利用し て商品を買う感覚で納税するように私には見える。これは納税なのかと疑問も湧く。 2017年7月21日の読売…

理想的な読書方法を探すには その8 ・繰り返し何度 も読む 【音読10回】

今回の題材は、「天声人語 2017 春 vol.188」 「10年先への歌」 2017年1月1日 内容は、 ・アメリカの教授は10年前には無かった物(技術)を新入生に述べさせる ・技術が進み社会が変わり人工知能やIT技術により奪われる仕事もでてくるの ではないか ・そのよ…

ラジオ

私はラジオが好きだ。朝起きると先ずラジオをつける。テレビはほとんど見ない。 ラジオの良いところは、映像がないため視覚の負担がない。つまり何かをしながら 聴く「ながら聴き」が可能だ。もちろん番組の内容も良いという理由もあるが多く のラジオ愛好者…

蓮の花 その3

蓮で埋め尽くされた不忍池 そこかしこに咲く蓮 つぼみも絵になる お釈迦様が頭に浮かぶ 中央の黄色い部分は花が咲き終わり緑に変わる。そのひとつひとつが種と なるようだ。食べることもできると聞く。

蓮の花 その2

不忍池に蓮の花を見に行ってきた 。以前より蓮が群生していてその葉の 生命力は美しいと感じていた。不忍池の蓮の葉の迫力は一見の価値ありだ。 葉の高さは大人の背より高く大きさは宅配ピザのLサイズよりはるかに大きい。 大げさではなく雨が 降ってきたら…

蓮の花

本日は蓮の花を見に行く予定だ。後ほど記事を追加 する。

想像力

私は新聞記事やニュースから世間の出来事を知ることが多い。その際、色々 なニュースを見聞きし驚いたり悲しくなったり腹が立ったりする。腹が立つ 話について考えてみる。 私は基本的にほとんどの話については素人の知見しかないがあれこれくだを 巻いてい…

窓口業務 その2

昨日は、2017年3月17日の朝日新聞朝刊に「週休3日 育児や介護に」と いう記事を読み、週休3日制度に賛成だと書いた。そして役所や銀行の窓口 業務ついてその時間のあり方について考えてみたいと思う。 「なぜ役所や銀行の窓口は平日の日中帯しか開いていな…

窓口業務 その1

2017年3月17日の朝日新聞朝刊に「週休3日 育児や介護に」という記事があった。 見出しから分かるように一部の企業では育児や介護を抱える社員に週休3日制を導入 するという。人手不足の中、人材確保が目的とあった。私は週休3日、おおいに結構 だと思う。…

日傘

この時期の厳しい暑さについて色々な対策が考えられると思うが私が最も気に なるのは「日差し」対策である。この時期の「日差し」は殺人光線である。 長時間浴び続けることは本当に生死にかかわる問題となる。 そこで私がお勧めするのは「日傘」だ。今更と思…

暑さ

毎年のことながらここ最近の暑さにはまいっている。この季節ならではの楽 しみ、家庭菜園とかアイスがうまいとか、確かにある。しかし暑いものは 暑いし不快なものは不快だ。色々な不快がある。たくさんある中でいくつか 挙げてみる。 ・気温が高い ・湿度が…

冷凍バナナ

冷凍みかんというものが存在する。みかんを丸ごと凍らせたものだ。食べると シャーベット状になっていてなかなかうまい。 ずいぶん前にネット上かテレビで見たのかは忘れたが冷凍バナナなるものが 存在することを知った。それは冷凍みかん同様にバナナを凍ら…

ゴーヤ塩昆布和え

昨日はゴーヤの収穫の話を書いた。今回はゴーヤをどうやって食べたのかを 紹介する。とても簡単な調理だ。 ゴーヤは苦瓜とも言う。その名の通り実はとても苦い。と言っても正確に 述べると、幼果、つまりまだ熟す前の緑色の実が苦い。とても苦い。また いず…

ゴーヤ初収穫

ゴーヤがずいぶんと成長してきた。もう緑のカーテンと呼ぶにふさわしい葉の繁り 具合は涼しげである。私にとってゴーヤは二つの大きな意味がある。ひとつは緑の カーテンにして真夏の太陽の強烈な日差しを遮ること。もうひとつは実であるゴーヤ を収穫して食…

人口甘味料

2017年7月6日の日経新聞の夕刊 日経Gooday「カラダにいい」情報 という記事に 人口甘味料に認知症リスクがあるとの記事が載っていた。アメリカで発表された 長期研究によると、詳細な条件は省略するが人口甘味料入り炭酸飲料を飲む人と全く 飲まない人では、…

理想的な読書方法を探すには その7 ・繰り返し何度も読む 【黙読10回】

これまでいくつかの設定をして読書をしてきたが、この程度の期間でははっきりと した変化などあるはずがないと思う。そもそも設定、前提自体がおかしいのでは という疑問もある。しかし先ずは実践をしてみて反省、修正を行いそこから何か を得ることもあるだ…

ギータに注目だ!

私はヤクルトファンである。最近の試合内容には少し閉口している。 ヤクルトファンだがヤクルトのみが好きなのではなくプロ野球全体が好き だ。相手がいないと野球ができない以上相手の存在もとても重要になって くる。また仮に相手が1チームだけであればど…

かつを節削り器

私はこの道具をよく使用する。 これはかつを節を削る道具である。使い方は先ずこの道具のふたを取る。 すると鋭い刃がついたかんなの様な面が出現する。この状態でかつを節を かんなとは逆の使い方、つまりかつを節を刃の面にあてて前後に動かし かつをを削…

旬の野菜

この葉っぱは何の葉だと思うだろうか。あまり八百屋やスーパーでは見かけ ない、と言うか私は見たことがない。ハート型とでも言うのだろうか。 この葉はさつまいもの葉である。私はさつまいもをよく食べる。蒸してふか し芋?として食べる。3時のおやつにと…

古漬け

私の好物のきゅうりのぬか漬けがこのようになってしまった。漬けて24時間は 経過しただろうか。本当は9時間で取り出したかったのだがついうっかりして 気づいたらこのありさまだ。そして色も鮮やかな緑が失われ私の食欲は少し 減退する。 夏はぬかの発酵速度…

理想的な読書方法を探すには その6 ・辞書を引きながら読む

私は本や新聞を読む時には必ず辞書を用意する。辞書を使用しない時もあるが とりあえず本、新聞と辞書はワンセットとしている。以前は辞書はほとんど使用 しなかった。知らない言葉や何となく分かった気になっている言葉が出てきても 文脈から想像して無理や…

立って仕事をするということ

2017年6月29日の東京新聞朝刊の記事に興味深いものがあった。 アイリスオーヤマという会社ではパソコンを使用する際は、座らずに立って 使用するというルールを試験的に実施しているという。専用の机を設置し パソコンを使用する際はそのテーブルで立って使…