身のまわりにはいつも何かが

身のまわりにあることを書いていきます。これから色々な分野に挑戦していきます。

いちょう団地祭り 最終回

いちょう団地の祭りを見ることが出来て本当によかった。祭りとして単純に楽しかっ た。非日常を味わえたし高座渋谷という縁遠い地にも寄ることができた。異文化交流と いうテーマもあったが、そこにいる人々と単純に楽しむことがその目的に合致すると感 じた…

いちょう団地祭り その9

この祭りにきた主目的であるベトナムの食事は、実は随分前から麺類だと決め ていた。日本でのベトナム料理の種類は諸事情により限定的である。中華料理 のような多様性は残念ながら日本では見ることは難しいのではと考えている。 脱線するが、上記で中華料理…

いちょう団地祭り その8

食べ物はその当時の記憶を脳から引っ張り出す。におい、形状、色、名前等々をヒント に引っ張り出す。しかし現在においてそのロジックはまだ完全に解明されていないので はないか。私にとってそのロジックはどうでもいい。ある料理を食べ、以前の記憶を呼 び…

いちょう団地祭り その7

これを見てとうもろこしを焼いたものだとはすぐ分かるだろう。日本の祭りの定番であ る。しかしこれを売っている場所は日本であるがちょっと様相が違う。そこには日本文 化を母国の文化として育った者ではない人々、または両文化の保持者や親族の主として い…

いちょう団地祭り その6

恐らくフォーやブンといった麺だろう。その横にはChe(チェー)といわれるデザート である。Cheは種類が豊富でタピオカ、寒天類、ココナッツミルク等、多種多様であ る。日本には存在しない食材も当然ある。 路上で炭で焼くスタイルは全く持って「アジア」で…

いちょう団地祭り その5

「花より団子」である。辞書でこの言葉を調べると花をながめて目を楽しませるより団 子を食べて食欲を満たす意から、風流より実入りを選ぶたとえ、とある。しかし今回の 様な祭りについては私はこう考える。祭りに食べ物や酒は切り離せない。特に食べ物は 祭…

いちょう団地祭り その4

民族舞踊を堪能し全体の雰囲気を見ると、細長い道に沿って露天商で賑わっている。し かし規模としては私が勝手に想像していたよりは大きくない。祭りは二日間行われ、こ の日は二日目である。可能性として一日目の方が規模が大きいということもありえる。 来…

いちょう団地祭り その3

にぎやかなアジアの雰囲気がある音楽が流れている。間違いない、祭りはそこだ。 音のする方へ歩みを進めるといきなりダンスをしている場面に出くわした。しかもどう やら民族衣装をきた女性と男性が輪を作り、手を小さく腰の前辺りで回転させている踊 りだ。…

いちょう団地祭り その2

アクセス方法はいくつかあるようだが徒歩に決めた。その日は秋にしては暑く夏日と言 ってよいくらいの天気だ。晴れてくれたことには感謝しているがもう少し控えめな日差 しであれば最高だった。 高座渋谷駅を出て歩くこと20分。決して近くはないが初めての土…

いちょう団地祭り その1

2017年10月8日にいちょう団地という場所に行ってきた。神奈川県に位置し、最寄り電 車の駅は「高座渋谷」という小田急線の駅である。この団地は県営であるという。目的 はそこの団地の祭りを見に行くことである。数回に分けて紹介してみたい。

敗北感

最近敗北感を感じたことはあるだろうか。私について言うと普段の生活の中で常に 何かと格闘していることはなくはっきり言ってスポーツ選手のように敗北感を感じるこ とはない。もし感じることがあるとすれば些細なことのしょうもないことであろう。 私は以前…

テレカ自慢 その8 「GOD SAVE THE すげこまくん!」

「GOD SAVE THE すげこまくん!」という漫画を知っているだろうか。 週刊ヤングマガジンを購入していた時に連載されていた漫画である。あまりというかほ とんど読んではいなかったがその絵ははっきりと覚えている。すげこまくんという主人 公がマッドサイエ…

チョコレートと脳

私はチョコレートが好きである。無類のチョコレート好きとまではいかないが好きであ る。以前、何かのメディアで日本のチョコレートはカカオ風味の砂糖菓子と聞き、本当 のチョコレートとはどんなものだろうと思ったことがある。確かに私が食べたことのあ る…

ヘチマについて述べたくてたまらない

どんどんと雌花が咲きヘチマラッシュを想像すると楽しみでしょうがない。私の経験で はヘチマの雌花は今の時期、9月の終わりから、10月にかけて咲き出す。街を散策して いるとたまに見かけるヘチマはすでに8月中に巨大な実をつけている。これは何なのだ ろう…

技能実習生について その3

何とかして豊かになりたい人々と何とかして人手不足、少子高齢化が生み出す問題を解 消したい国が連携をする制度、これが現行の「技能実習生」である。Win-Winの関係で いいことだらけと思うだろうか。そこに問題はないだろうか。その制度を一定期間続け る…

技能実習生について その2

アジアの人々が将来の少子高齢社会を心配して日本への介護技能実習生を選択したのだ ろうか。私はそんなことはないと考える。多くのアジアの人々は現在発展の真っ最中か もうすぐ発展する可能性がある国に住んでいる。現状の先進国と言われている国々の様 な…

技能実習生について その1

2017年9月30日の朝日新聞朝刊に「技能実習生の語学力決定」という記事があ った。 厚生労働省は11月から受け入れが始まる介護分野の外国人技能実習生に必要な 日本語能力を決めたという。詳細は省くが一定のラインを引きふるいにかける ようである。技能実習…

「魚とうつ病の関係」を肴にくだを巻く

魚とうつ病との関連に関する記事が2017年9月27日の東京新聞朝刊にあった。 どういうことかと言うと、国立がん研究センターによると魚をよく食べるとうつ病にな るリスクが軽減されると言う記事である。特に青魚が良いとされている。長野県に住む 人を対象に…

タクシー業界の外国人運転手採用の話

2017年9月18日の産経新聞朝刊にタクシー業界の外国人運転手採用についての 記事があった。 それによると、あるタクシー会社は外国人運転手採用を本格的に始めるとい う。その背景には邦日外国人対策と人手不足という二つのポイントである。東 京オリンピック…

ヘチマようやく

春から植えた家庭菜園のほとんどはその役目を終えた。しかしその中で実をつけ始めた 植物がある。それはヘチマである。真夏の盛りには葉に勢いがあり壁を覆いつくすほど である。そして9月の始めにはつぼみを次々につけ今は毎日黄色い大輪の花がたくさん 咲…

旬のもの?天かすご飯

新米の季節がやってきた。新米という単語に弱い人も多いのではないか。私は普段は あまり意識しないくせに米の袋に新米という字がプリントされているだけでワクワクし てしまう。そしてこの季節はおいしいものが続々と出てくる。いわゆる旬のもの、自然 が用…

秋ナス

後もう少しで10月だ。天気を見れば秋になったことは言うまでもない。夏はあっという 間に過ぎ、そして長い冬に入る。 夏野菜もすでに終わろうとしている。今年はゴーヤ、ミニトマト、ナスが活躍してくれ た。その中で最後の一踏ん張りをしてくれているのがナ…

水上バス

先日、「水上バス」と言ったらよいのだろうか、に乗船してきた。その日は秋らしく 暑くもなく寒くもないとても良い気候であった。乗船場所は浜離宮恩賜公園で両国駅ま で隅田川を船で進む。浜離宮恩賜公園は黄色やオレンジのコスモスだろうか、群生して いて…

テレカ自慢 その7

この人が誰なのかを知っている人は少なくないのではないか。と言っても最近はメディ アにほとんどでないので、若い世代の人には知らない人も多いだろう。細川ふみえであ る。20年以上前であろうか、グラビアアイドルとして注目をあびバラエティ番組にもよ く…

テレカ自慢 その6

この人が誰なのか分かる人は少ないのではないか。千葉麗子である。もう20年以 上前だっただろうか。私が愛読していた漫画雑誌ヤングサンデーという雑誌の懸 賞商品のテレカである。千葉麗子はグラビアを飾っていたアイドルであったとい う記憶だが正確にはよ…

テレカ自慢 その5

一時期、ビッグコミックスピリッツという漫画雑誌を購入していた。私のイメージでは サラリーマンはもちろん、大学生等少し若い層にも人気があった雑誌だ。手当たり次第 テレカの懸賞に応募していたので特に思い入れもないテレカも結構ある。しかし宝物に は…

上野動物園のパンダ

最近なぜかパンダがとても気になる。以前はそれほど興味はなかった。パンダ のニュースを見聞きしても特に感想はなかった。しかし、最近生まれた上野動 物園のパンダの赤ちゃんは是非見に行きたいと思っている。 2017年9月21日の朝日新聞朝刊によると、生後1…

テレカ自慢 その4

一時期、週刊モーニングという漫画雑誌を購入していた。私のイメージでは大人 向けの漫画が多く連載されていて、特にサラリーマン層に支持がある雑誌だ。そ の漫画のクオリティーは高い。その中でも「ナニワ金融道」という漫画が面白か った。 金融業者に勤…

デジタル目勘(めかん)

2017年9月16日の朝日新聞朝刊に載っていた記事を見てこんな感想を持った。 「これは大変なことになる」 記事の概要はこうだ。 ----------------------------------------------------------------------------伊藤忠飼料・NTTテクノクロスが開発した豚の…

ホンビノス貝

先日、魚屋で面白いものを見つけた。それはホンビノス貝である。その名前は聞いたこ とはあったが実際に目にすることはなかった。貝と言えば今までアサリ、シジミ、サザ エくらいしか食べたことはなかった。新しいものには興味はあるがなかなか手を出せな か…