身のまわりにはいつも何かが

身のまわりにあることを書いていきます。これから色々な分野に挑戦していきます。

今年初ゴーヤを食べる

シンプルに食べる、これに限る。その物を味わうには手を加える回数が少ない方が良い。時に手を加えなければ食べることができない物もある。人間は好奇心とチャレンジ精神であらゆる物を食べようとしてきた。どうやっても食べることができなかった物もあるだ…

心への水やり

生命にとって水は必要不可欠である。当たり前のことではある。人間にも動物にも、そして植物にも同様だ。植物は光合成によりエネルギーを作る。内部的な機能はよくわからないがそのために水が必要なのであろう。また葉から水蒸気を放つ蒸散という機能がなけ…

シクラメン

以前購入したシクラメンは息の長い活躍を見せてくれた。しかし花が散りしばらくすると葉が黄色に変色し元気がなさそうに見えた。理由はわからないが調子が悪いのではと思ったので日陰に移動し様子を見ることにした。あの異常な暑さの頃である。日当たりが強…

最後のトマト?

まだまだ暑い日が続くが私のトマト達は最後の力を振り絞っているようだ。恐らく今季最後の実ではないか。収穫量は5、6個ではあるが初めての中玉トマトとしては満足である。 最後のトマトは4センチくらいだ。真っ赤とは言えないが収穫しても良い時期であろ…

最初のひまわりはこのようになった

私の自慢の最初のひまわりはだいぶ年を重ねたようだ。人間で言うと何歳になったのであろうかと思いを巡らす。 よく観察すると花の中央部分が膨らみ凸状に変化している。今までじっくり見る機会がなかったのだが新しい発見である。これがひまわり共通のものな…

ロシアのチョコレートが美味い理由

ロシアのチョコレートを開封した。一見すると日本の板チョコのようであるが持つとずしりと重い。 うーむ、その理由は板が厚いとわかった。日本の板チョコの1.5から2倍の厚さである。これまで板チョコの厚さに注目したことはなかった。新鮮である。 食べると…

ロシアのチョコレートのデザイン

このインパクトはどうであろうか。他国のデザインは本当に面白い。デザインとは一体どこから生まれるのであろうか。人が異なればデザインも変わる。当然であるが国が変わるとまたデザインの根本が変わる気がする。答えはないがそこを意識した考え方はデザイ…

ロシアのチョコレート

小田急線経堂駅から東京農大方面へ商店街を歩きとある曲がり角で左折をし少し行く。そこには「日ソ図書館」という場所がある。ソとは恐らくソビエト連邦のソであろう。ロシア語を教えている学校も併設されているようだ。 経堂に用事があり寄ってみると入り口…

初ゴーヤだが、

念願の初ゴーヤである。10センチに満たないので収穫するには少し小さい。経験上、雌花の状態で形が小さいゴーヤは成長しても大きくなりにくい。 しかしながら小さくても苦味は一級品である。そして一人分にはちょうど良いサイズかもしれない。大きなゴーヤは…

ヤクルト山田哲人のやったこと

プロ野球チーム、ヤクルトスワローズのファンである私は今シーズンを楽しく見ている。順位が昨年と比べ良いこともその理由であるが、よく戦えている大きな要因である山田哲人の活躍に注目している。 今季トリプルスリーが確実だと思われる彼の成績は恐ろしい…

夏休み延長

2018年8月8日朝刊の日経新聞にこのような記事があった。 全国的な猛暑のため児童の健康を考慮し夏休み延長や臨時休業日を設ける柔軟な対応を検討するよう教育委員会へ通知したという記事である。 これは良いことと言うよりもなぜ夏休みに限らず、夏休み前の…

ブーゲンビリア

ついに購入した。こちらも以前から興味があったものである。とても小さな幹にたくさんの花。着きすぎのような気もするがここまでしないと消費行動に繋がらないのだろう。 その花はとてもユニークである。花の仕組みはよく分からないが花びらは薄いペラペラの…

何だかうまくいかないときは

長い人生の中において様々な事が起こるだろう。良いこと、悪いこと、恥ずかしいこと、空回りすること、自分ではどうしようもないことなどだ。 その反対にうまくいく時は何をやってもうまくいくなんてこともあるだろう。人生山あり谷ありなんていう言葉もあり…

暑さと行動

日中帯は本当に暑い。今さら言うことでもないのは分かっているが自然と暑いという言葉が出てくる。もし暑いという言葉を封印してみたらストレスが倍加するだろう。暑いと言葉を吐き出すことも暑さ対策である。 ここまで暑いとアイスやビールが欲しくなる。普…

百日紅

百日紅はサルスベリと読むがその由来は面白そうである。100日間その色を保つのか、猿が木から滑り落ちるのか結びつきそうにもないストーリーは想像が膨らむ。 私の好きな花の一つである百日紅は購入も検討したがいたらなかった。白や薄紫等の落ち着いた色が…

夏が来た

気づいたら出来ているのがゴーヤである。しかし初物は特別だ。いずれ次々と着果して嬉しい気持ちが悲鳴に変わる時がくる。今年のゴーヤは例年より遅いが私にとってやっと夏が来たと思える出来事である。 さあどう料理してやろうか。

緑のカーテン始動!

ようやくここまできて嬉しい限りである。腰が重すぎて去年より1ヶ月遅いスタートとなった。二階に運ぶ前に既にジャングル状態であった。なので早く二階に上げネットに這わせなければと思っていた。 梅雨が終わったのでどのような成長をみせるのかは例年と比…

ひまわり開花!

やっとひまわりが咲いた。もう言葉は要らない。この日のために毎日水やりを頑張ったのだ。感無量である。

語学力強化月間 その11

ひたすら聴くだけのトレーニングと言いつつも聴く以外にも実施していることがある。 少し説明が必要である。私は現在、英語とベトナム語のトレーニングをしている。方法 はひたすら聴くだけトレーニングである。英語は全く聴くだけしかしていない。しかし ベ…

開花が待ち遠しい

このあたりまでくると日々の変化が顕著である。いや、注目しているから少しの変化も見逃さないといった方が正確か。茎に対して花は大きく頭を垂れるように咲くようだ。よく観察すると花びらの黄色い部分が見える。感動的である。ひまわりは見慣れているはず…

語学力強化月間 その10

ひたすら聴くだけのトレーニングは余計なことはしない。例えば文法のテキストを学習するとか聴いた内容の中の意味のわからない言葉の意味を辞書で調べたりするとかは余計なことになる。とにかく聴いて内容を想像すると言うことに重点を置いたトレーニングで…

ひまわり秒読み

昨日の台風に耐えた植物の中で特に心配なものがあった。それはひまわりである。なぜなら背丈が高いからである。私と同じくらいまで伸びたひまわりもある。背丈に対して茎が細い。細過ぎる感じすらある。しかし植物は人間よりも先に生まれその歴史は気が遠く…

台風と植物

本日は台風で大荒れになるとニュースで聞いた。様々な地域で影響を与えるのであろう。命にかかわるケースも考えたくはないが災害に対してはイメージが大切だと聞いたことがある。人はイメージできないことは行動にできないという。それは確かであろうが簡単…

語学力強化月間 その9

目的を持ち語学力を磨き、目標を達成できれば100点と前回述べた。後ろ向きに聞こえるだろうか。目標設定なしの努力は事前準備の不備と言え幼稚な行動ではないか。どうしても見つからなければ小さな目標設定でよい。いずれ目標は定まるし思いつくはずだ。 さ…

ひまわり近況

やっとここまで成長した。およそ直径6、7センチだろうか。これ以上大きくなるのかもう開花するのかわからない。やっとらしくなってきたことに安堵している。ここ最近の強烈な暑さはひまわりにとっては悪いものではなかったのかもしれない。 もうひと踏ん張…

語学力強化月間 その8

語学力を強化する目的はなんであろうか。その国の人とその国の言葉で話をしたいとか、書籍を原文で読みたいとか色々あるだろう。しかしそのレベルに達するにはかなりの時間と努力(苦痛)が必要だ。 そこまでする必要はあるのだろうか。正確に言えばもっと簡…

語学力強化月間 その7

私は過去にベトナムに語学留学をしたことがある。なぜベトナム語なのかという疑問を 持つ人も多かったのだが「縁」があったというほかはない。人はそこにエピソードを期 待する。人生において特別な何かがとっかかりに有り、何かを実現するために相当な努 力…

語学力強化月間 その6

英語、ベトナム語をひたすら聴くだけの学習方法を始めてから25日が経過した。私の体 感では長くはなくあっという間だったと言える。また、その間苦痛と感じた日はなかっ た。かと言って毎日が楽しく待ち遠しいという程でもなかった。時間にすると毎日一時 間…

ご当地もの

私はご当地ものにとても弱い。普段見慣れないものがあるとその違和感にすぐ気がつく。旅行に行くとお土産屋に必ず行く。やはり旅行に来たぞという感覚が欲しいのである。 今回私が購入したご当地ものはこれだ。 「じゃがぼーの」である。 餃子で有名な宇都宮…

朝顔のつぼみ

待ちに待った朝顔のつぼみが観察できた。花も確かに素晴らしいが私はこのつぼみの段階から相当に美しいと思っている。凛とした天を突き刺すようなつぼみに花の色を連想させる控え目な風合いは絵になる。 花は咲いてしまうとその日の夕方にはしぼんでしまう。…